北海道宿屋塾

コラボレーションセミナー 第38回北海道宿屋塾講演会のご案内

講演会の様子

開催要項

日時平成29年11月15日(水) 15:00-17:00
※17:00~希望者のみ別途有料にて懇親会を開催します
場所ホテルクラビーサッポロ(アクセス
住所札幌市中央区北2条東3丁目 サッポロファクトリー西館
参加料3,000円 (懇親会希望者は別途2,000円)
定員60名 先着順
運営者情報企画・運営・主催をご参照ください。
お申し込み方法お申し込みについてをご参照ください。

開催内容

急速に多様化する市場。急速に、激化する競争。
「激化する競争環境の中、“負けないホテル” になる」

講演内容

安定した国内需要の上に、急増するインバウンドが国内の市場を大きく押し上げています。
特に北海道はアジア圏からの人気も強く、今後もその需要は間違いなく増加していくでしょう。
その一方で、そのマーケットを狙ったプレーヤーはホテルだけでなくホステル、民泊など、これまで以上にその競争環境は激化していきます。
そのような中で、いかにして「選ばれるホテル」となるかは、まさにホテル事業者にとって緊急であり必須のテーマと言えるでしょう。
本セミナーでは、競争激化するマーケットの現状を知るとともに、まさに「選ばれるホテル」となるための強力なツールとして日本だけでなく世界で話題となり、日本では6月より本格的に展開を開始した「handy」の詳細について、

  • handyとは?
  • handyがどのようにホテルで活用されているか?
  • handyの今後の可能性
などをお聞きします。
北海道では初となるhandyを知るこの上ない機会です。ぜひご参加下さい。

スケジュール

15時~15時10分
・開会のご挨拶
15時10分~16時20分
・激化する競争市場とホテル業界トレンド
・その中で負けないホテルとなるために
・講演者:週刊ホテルレストラン  編集長 岩本 大輝氏
16時20分~16時50分
・今、業界で話題の ”handy” とは?
・ホテル業界に革命を起こし続ける客室アメニティの全貌
・講師:handy Japan(株) Sales Director 吉野 真史 氏
16時50分~17時
・質疑応答、閉会の挨拶
17時~
・懇親会 ※希望者のみ。別途参加費2000円

お申し込みについて

Facebook、お申し込みフォーム、メール、FAXのいずれかでお申し込みください。

Facebook

北海道宿屋塾Facebookページ内のイベント情報ページよりご登録ください。

お申し込みフォーム

下記のフォームよりお申し込みください。

メール

ty-873@major7.info までご連絡ください。

FAX

下記の申込書に必要事項をご記入の上 011-522-0021 までご送信ください。

過去の開催

Facebook

北海道宿屋塾はFacebookを利用しています。最新の情報をご覧になりたい方はFacebookページも合わせてご覧ください。
https://www.facebook.com/hokkaidoyadoyazyuku

北海道宿屋塾設立の概要

北海道宿屋塾からメッセージ

「人を優しく思いやること」
    北海道宿屋塾 代表 柳森 利宣

4つの思い

昨今のホテルマーケットは訪日外国人の増加、東京オリンピック開催決定など、都市部では金融商品としてのホテル・不動産流動化の為のホテル開発、ホテル進出が多く見られる。一方で首都圏以外の多くのホテル・旅館はそれぞれの場所において、地域に必然性があり、旅の目的に叶うホテルとして営みを続け、地域経済と共に存在する。そこにもまた多くの人が働き、お客様をお迎えし、おもてなしをして地域の産業と連携しながら情報を発信し、地域の観光産業を支えながら働いている多くの仲間、後輩たちが居る事を忘れてはならない。日本の観光は一か所の場所で存在しえないと言う事も心の中にそっと仕舞っておこう。

旅の目的はお客様一人一人皆違い、旅の目的にあったホテルをお客様が多くの場所、多くの選択肢の中から選ぶ時代である。お客様に選ばれる条件、選ばれるホテル旅館にする為に必要な事は何かを常に考え、新しい形に変化させる事、それはお客様に居心地が良くて大きな感動を与え、もう一度この場所に訪ねてみたいもう一度あなたに会ってみたいと思ってもらえる努力を重ねることに違いない。お客様に居心地の良さを提供するために、地域の文化・自然・四季折々の景観と安心・安全な食の提供が出来る事こそが大切なことであり、サービスする我々の気持ちがお客様に思いとして伝わった時に、ホテル旅館の最大の価値がうまれるのである。

4つの思い
それはいちばん大切なお客様への思い・お取引先様への思い・共に働く仲間たちへの思い・そして私たちが働く会社への思いである。

ホテルで働くと言う意義を共有し、志を共に一緒に働く仲間達。ともに地域にあり、ホテルの営業を支える地元の生産者さんや商店の経営者。そして我々の仕事環境を常に健全に維持し経営を支える会社。この3軸が整い、4軸目のお客様軸に相対していく事のすべての準備が整うということである。そして地域においてのホテル旅館の歴史文化の積み重ねとなる。

最後に新しい脅威として、私たちが考える必要がある事は気象の大きな変化に関連する自然災害である。また同時に安全安心を根底から覆すテロなどである。私たちは地球環境を守りながら、今こそ、自然と人に感謝をし・人をやさしく思いやり、自然を思いやり、お客様にもう一度この場所に来てもらう事の大切さを考えながら、日々お客様をお迎えする形を整えて運営を継続していく事がホテル旅館にとって、そこで働く人にとって最も大切なことである。脚光を浴びる地域・場所以外にも多くのホテル旅館がある事を決して忘れてはいけない。「人を優しく思いやること」

宿屋塾開塾に向けて

未だに自然一流・施設二流・サービス三流と表現されている現状があります。

今一度原点に帰り、業界に関わる様々な方々の講演会を通して経験・知識・お知恵を講話していただきます。 又勉強会を開催したいと考えています。

多くのホテル・旅館の経営形態が変わる時代に、所有のあり方・経営の新しい収益管理の手法・ 運営の新しい流通経路と販売手法等を勉強する場が必要であると考えています。 同時に「新しい形のホスピタリティーの有り様を共に学ぶ」機会を創出したいと考えています。

観光立国を支える北海道のホテル・旅館の将来への課題を考える

  • 新しいホスピタリティーの形を考える
  • ホテル・旅館の事業継承問題
  • ホテル旅館の耐震問題
  • 旅行商品の流通経路の変化への対応
  • 新しいビジネスモデルの構築
    町おこしと街の情報発信として、ホテル旅館が果たす役割
  • 将来のカジノ法案IR法案への取り組み

内容

  • 経営者向け講演会・勉強会の実施
  • 経営者向けの情報提供
  • 総支配人・幹部社員の・講演会・勉強会等開催
  • 新しい旅行商品の流通経路「IT勉強会」
  • 新しいホスピタリティーの形、創出

北海道宿屋塾の後援企業及び学会・団体

ビジネスとの連携

宿屋大学・株式会社オータパブリケイションズ

学の連携

観光情報学会・北海道地域観光学会

官の連携

公益社団法人 北海道観光振興機構

組合・協会との連携

札幌ホテル旅館協同組合
北海道ホテル旅館生活衛生同業組合

宿屋塾の今後の予定

月例の講演会の実施 毎月1回
月例の勉強会の実施 毎月1回~2回

企画・運営・主催

週刊ホテルレストラン / handy Japan / 北海道宿屋塾

名称週刊ホテルレストラン
幹事Hiroki Iwamoto
運営

株式会社オータパブリケイションズ

http://ohtapub.co.jp/

http://hoteresonline.com/

TEL  03-6226-2380

名称北海道宿屋塾
幹事柳森 利宣
運営

株式会社 メジャーセブン

札幌市中央区南8条西3丁目10-10
ベストウエスタンホテル札幌中島公園内
TEL&FAX  011-522-0021
携帯電話 090-9513-9140